2020年度 会長方針

会長 L.大島 恵子

温かき心を以って たがいに手を繋ごう

岐阜南ライオンズクラブは、歴史・伝統があるうえに存在感を供えたクラブと、入会以来感じていました。 その存在感のある岐阜南ライオンズクラブの会長という重責を担わせて頂く事となり、正直今までにない不安な気持ちでいっぱいでございます。
さて、今年度の基本方針は、「温かき心を以って たがいに手を繋ごう」とさせていただきました。
今年度の準備を始めた頃は、新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、震撼とした事態が起こり、どうなる事かと不安の中で準備を少しずつ始めさせていただく中で、岐阜南ライオンズクラブに入会以来目にした事、耳にした事が先人達の作られた歴史である事も再認識致しました。
今年度は大きな事業もありませんので、クラブ内の活動に目を向け、今までの各委員会のプログラムを大切にして更に新しい考えをプラスした奉仕活動をしていきたいと思います。
又、会員同士がアクティビティの場において連動連鎖がこの一年で深まればとも考えています。微力ながら、温かき心で奉仕活動を続けていき、岐阜南ライオンズクラブが発展していきますように頑張って参りますので、皆様の温かき心とご協力をお願い申し上げます。