会長方針-2010

2010年度 会長基本方針


会長 L田中 正臣

 

1. 地域に根ざした奉仕の原点としてのアクティビティ。

2. 会員の数はクラブの力・会員の友情はクラブの宝。

3.  例会の100%出席を目指そう。

1. 全てのアクティビティーは、奉仕の精神から始まっており、同時にそれは地域に根ざし、真に地域から感謝されるものでなくてはならない。
慣例のように社会奉仕をしているつもりでいても、いつの間にか自己満足で終わっていたり、義務のように施しをするのではなく、笑顔と共に、本当に感謝され喜んでもらえたと、会員の一人一人が感じる事の出来るようなアクティビティーを選別して実行して行きたい。

2. アクティビティーを実行するための力とは、結局は会員の数であり、多芸多才な会員が集まる事により、日常生活では得がたい貴重な友情が育まれる。
それはクラブの宝でもある。
全ての会員が一つの目的を持ち、会員増強を実践しよう。

3. いかに忙しくとも、月に2回の例会だけは100%出席しよう。
そして100%出席したくなるような楽しい例会は、何よりも会員一人一人の元気な笑顔と、この素晴らしいクラブに参加している、というプライドから生まれるものでありたい。